防犯・監視カメラが必要な時代に

昔は、一般人にとってなじみがある防犯・監視カメラといえば、銀行やコンビニ、スーパーくらいだったでしょうか。
それが今では、マンションはおろか、一戸建て住宅にも普及してきています。

犯罪の増加を印象づけるかのようです。
個人的には、防犯・監視カメラが町中に氾濫すると、プライバシーが覗かれているようで、恥ずかしくなるのではありますが。
しかし、このカメラのおかげで事件が早く解決された例も多く、やはり必要といえそうです。

これから年末年始にかけて、ひったくりや路上強盗などに警戒せざるを得なくなるでしょう。
私もブランド物を買いに行く時に財布には結構なお金を入れていますので、
ひったくりなどは非常に怖いんです。
そのような場合に向けて、街灯などに防犯・監視カメラを設置している町も増えつつあります。

また、予算が限られているなら、フェイクのカメラなら安く手に入るようです。
見た目は防犯レンズとそっくりですが、カメラ機能が付いていない模様です。
カモフラージュとしてしか使えないとしても、カメラが有るのと無いのとでは、犯行の発生率が違うと期待されています。

本来なら、このような監視が要らない社会が理想ですが、そのためには、お金に困る人がいないような環境も求められるでしょう。
困ったときに助け合えるようなサポートや、ふだんからのコミュニケーション作りも、役に立つのではないでしょうか。
地域の人同士があいさつやゴミ拾いを活発にしている町では、犯罪が少ないといいます。まずは、こうした小さな取り組みからスタートするのもよさそうです。